会社沿革

  • 2015年

    ベトナムの中堅企業(200~500名の社員)のリーディングカンパニーとして、Top 40 ICTカンパニーになりました。

    ベトナムの金融および銀行分野において、戦略的コンサルティングとシステムインテグレーション(SI)のパートナーになりました。

    支社(VJP)を東京に設立し、エンジニアを日本に派遣する許可を獲得し、日本の大企業のお客様との協業をスタートしました。

    ITOサービスを、ヨーロッパおよび米国市場(MITハブ)に拡大しました。また、IBMの新しいお客様を開拓し、サービスも拡大しました。

    新しいベンダーを開拓し、また新たなビジネスソリューションを開発しました。

    ISMSを、ISO 27001:2005からISO 27001:2013に、成功裏に変更しました。

  • 2014年

    ベトナムIT企業のトップ30に入りました。

    ベトナムの金融および銀行分野において、戦略的コンサルティングとシステムインテグレーション(SI)のパートナーになりました。

    IBMのラボ型アウトソーシングは、規模の拡大および国際的な評判の向上の観点で成功しました。これによりVSIIは、エンタープライズ・モビリティ・イノベーション開発における信頼に足る、そして実力のあるパートナーとして認められました。

    ベトナムの大銀行に、ソフトウェアアウトソーシングサービスを拡大しました。

    海外市場向けにデジタルコンテンツを提供する契約を、初めて締結しました。

  • 2013年

    ISO 27001:2005 (ISMS) 認証取得

  • 2012年

    ISO 9001:2008 認証取得

  • 2010年

    ミドルウェアインテグレーションとコンサルティングサービスで、TIBCOとパートナーシップ契約を締結しました。

    ベトナムのミドルウェアシステムインテグレーションとコンサルティングのマーケットに進出しました。

    BPO会社(http://vbpo.com.vn/)とダナン第二支社を設立しました。

  • 2009年

    5年間のメザニン金融投資を受けました(米国からのSEAF)

  • 2008年

    デンマークのパートナーおよび約40のマイクロソフト認定技術者と、合弁会社を設立しました。

  • 2006年

    100人の社員規模で、ベトソフトウェアインターナショナル(VSII)を正式に設立しました。

    世界でトップ5%に入るIBMのGPSGサプライヤーとして認められました。

  • 2005年

    ベトソフトウェア株式会社から、12名で独立しました。

  • 2002年

    ソフトウェアアウトソーシングサービスの提供を開始しました:IBMの最初のオフショア開発センター(3名規模)

  • 2000年

    ベトソフトウェア株式会社のITアウトソーシング部門が設立されました。